トップページ

PlusliumZが欲しいだけのマイノリティなサブブログです。ちょっとした考察やブログ編集のテストがメインです。

 

Twitterのりピーᐡ⊕ • ·̫ • ⊕ᐡ 🌸 (@norip_poke) | Twitter

本ブログ ↓

norip-poke.hatenablog.com

HDカバルドン

カバルドン

 

f:id:PlusliumZ:20170522141523g:plainf:id:PlusliumZ:20170522141537g:plain

 

性格:慎重
特性:砂起こし
持ち物:おぼんのみ
実数値(努力値) : 215(252)-132-148(76)-*-126(180)-67
技構成 : 地震/ ステルスロック/ 欠伸/ 吹き飛ばし

調整
H : 最大
B : 余り
D : 211リザYの晴れオバヒを最高乱数以外耐え 85.5% ~ 100.9%

調整意図
147カプ・コケコの草結び49.3% ~ 58.6%
おぼんのみの発動確率を上げつつリザYに対して仕事ができるようにした。

 

S3で使っていた一匹。明確な調整先はないが物理に耐久を割いたことによってより安定した。

7世代の三竦み

6世代では
ガルーラ→ガルーラに強い→ガルーラに強いに強い→・・・

例 ) 

f:id:PlusliumZ:20170607185222g:plain → f:id:PlusliumZ:20170607185311g:plain → f:id:PlusliumZ:20170607185416g:plain


と、ガルーラ始動の三竦みが形成されていたが7世代には6世代ガルーラのような圧倒的に強いポケモンがいないため"ポケモンによる三竦み"はとても曖昧である。
しかし、7世代では新たに登場した電気タイプであるカプ・コケコから始まる"タイプによる三竦み"が強く形成されていると感じた。

 

タイプによる三竦みが形成された理由 (6/7 追記)

 

※前提として

7世代は考慮しなければいけない要素が多く理論化しにくいのでこの話も適切かどうかは非常に怪しいです。

 

例えば此方ガルーラ、彼方カプ・コケコという対面

                                     f:id:PlusliumZ:20170607185721g:plain

f:id:PlusliumZ:20170607185745g:plain


こちら側が考慮しなければいけないこと

・電気Z (数値受けを否定)
ボルトチェンジ+物理受け(ゴツメ)

よって主導権はコケコにあり、此方は地面(電気無効)引きをほぼ強制される。つまりコケコが強い理由は電気Zの存在で主導権を握りやすいところ。
そのコケコに対して柔軟に動ける or 不利な展開を作りにくい のが HD地面タイプ。
例を挙げると

f:id:PlusliumZ:20170607185922g:plain f:id:PlusliumZ:20170607190105g:plain f:id:PlusliumZ:20170607190158g:plain


特にカバルドンの欠伸展開はタイプ相性関係なく通る非常に強力ものなので具体的な対策方法が求められた。

そこで必要になってくるのは地面との対面でかなりの負荷をかけられ、カバルドンに初手から展開されることを選出画面で拒否できる水タイプ。
例を挙げると

f:id:PlusliumZ:20170607190551g:plain f:id:PlusliumZ:20170607190624g:plain f:id:PlusliumZ:20170607190640g:plain f:id:PlusliumZ:20170607190652g:plain

 

これらによって7世代のタイプによる三竦みが形成された。

 


カプ・コケコ → 水タイプ
  ↑                  ↙︎
地面タイプ

 

"崩す"為には不利な矢印を逆にすることが必要である。
逆矢印
・シュカコケコ、毒身代わりコケコ等
・襷アシレーヌ
・スカーフゲッコウガ
・Zランドロス

  

環境トップであるカプ・コケコには行動保証がなく対面性能が低いため構築はサイクル寄りになり、上記のようなコケコ入りにサイクル負けしにくい駒入れるとその構築もサイクル構築になる という一連の流れがサイクル構築が増えた一つの要因だと思っている(もう一つはマッチングシステム)

ノーマルZホルード

ホルード 

f:id:PlusliumZ:20170508003217g:plain

性格:意地
特性:力持ち
持ち物:ノーマルZ
実数値(努力値) : 175(116)-118(252)-100(20)-*-98(4)-113(116)
技構成:ギガインパクト/ 地震/ とんぼ返り/ 電光石火

 

・調整

H : 16n-1
A : 最大
B : ミミッキュの意地妖Zが5/16 (31.25%)の乱数、陽気なら確定耐え
D : 端数
S : 毒ガルドを意識して最低限の113

 

・技の採用理由

ギガインパクト : 有利対面からの崩しを狙うための最大火力
地震 : 一致打点(167-170ガルドに対して75%の乱数)
とんぼ返り : 初手のミミッキュ対して一方的に不利を取らないため
電光石火 : 対面性能を上げるため

 

・火力指数

ギガインパクトZ(200) : 70800
ギガインパクト : 42480
地震 : 35400
電光石火 : 14160

 

ちなみに
156ミミッキュZシャドークロー = 182ガブリアス逆鱗 = 32760

 

・まとめ

Z枠に強いZ枠として後出しからの切り返しを考えた際、カプ・コケコの電気ZとギルガルドのゴーストZを無効にできる点で優秀だと思い5/6(土)のキツネの社mfで使用した。鋼タイプの枠がギルガルドメタグロス等である構築に対しては無類の強さを発揮したがテッカグヤ入りには出しにくいため、炎のパンチを入れてもいいかもしれない。速いヒードランにボコボコにされて涙した。

【個人的】パスピエのおすすめ曲ランキング

・参照 (視聴できます)
http://recochoku.jp/artist/2000117862/song/?narrow=0&sort=01

 

・アルバム
&DNA、娑婆ラバ、幕の内ISM、演出家出演、わたし開花したわ

・シングル
メーデー、ヨアケマエ、永すぎた春/ハイパーリアリスト

 の全楽曲から(全て所持)


・意識したポイント
①曲構成
②雰囲気
③リズム
④ベース

 

※ランク内では順不同


S
名前のない鳥、、ヨアケマエ、※わたし開花したわ re(mind)mix、S.S、チャイナタウン

 

A+
手加減のない未来、贅沢ないいわけ、とおりゃんせ、MATATABISTEP、ON THE AIRトーキョーシティ・アンダーグラウンド、あの青と青と青、瞑想

 

A
DISTANCE、ハイパーリアリスト、スーパーカー、アンサー、今日も雨

 

B+
永すぎた春、やまない声、メーデー、七色の少年、YES/NO、月暈、開花前線、REM、真夜中のランデブー

 

B
ハレのケ、アジアン、裏の裏 、くだらないことばかり、わすれもの、フィーバー、素顔

 

C
ああ無情、おいしい関係、ラストダンス、トキノワ、うちあげ花火、シネマ、蜘蛛の糸、△、デ・ジャブ、はいからさん、花

 

D
マイ・フィクション、カメレオンの言い種、夕焼けは命の海、ワールドエンド、カーニバル、ギブとテイク、世紀末ガール

 

E
誰?、夜の子供、金曜日の天使、あきの日、パピヨン、ノルマンディー

 

・備考

音楽に詳しくはないので多くは語らないがランク付けをするとこんな感じ。人にパスピエを紹介する時にどの曲を紹介したらいいか迷ったことから作成に至った。

S~B+までの大体の曲は誰にでも素敵だと共感してもらえるはず。
反してB~Eまでの曲は癖が強いので人によって評価は分かれると思う。

 

※「わたし開花したわ re(mind)mix」  はシングル「メーデー」の3トラック目として収録された曲。パスピエのファーストミニアルバムである「わたし開花したわ」の全楽曲(8トラック)を1トラック(13:58)にまとめられたもの。カップリング曲としてはもったいないくらい素晴らしいものなので個別に紹介させていただいた。

 

詳細はこちら⬇︎

www.j-wave.co.jp

ζ

"強いZ枠"に求められる性能
これを理解しないと新たなポケモンを見つけることができない。
自分の思考をある程度纏めるために書き記す。

 

○Zの役割

ポケモンの三竦み要素から

サイクルZ
対面Z
積みZ

この3つの役割が考えられる。

 

・サイクルZ
例 : 電気Zカプ・コケコ、霊Zギルガルド

苦手な相手からボルトチェンジ、蜻蛉帰りで逃げつつ等倍で受けるのが困難なZ
その2つを可能にするS実数値
または有利不利がわかりやすい耐性かつ一貫するZ

 

・対面Z
例 : 霊Zミミッキュ、霊Zギルガルド、PrimariumZアシレーヌ

一貫するZ技に加えて先制技持ち
行動を保証するための耐久、耐性

 

・積みZ
例 : 霊妖Zミミッキュ、虫Zウルガモス

積み+Zによる圧倒的な火力
一貫する先制技での2体目への削り若しくはS上昇による擬似的な素早さ種族値


ミミッキュに対する私の意見

f:id:PlusliumZ:20170428013640g:plain

ミミッキュは上に記した様にほぼ全てのポケモンに対して襷(ストッパー)としての対面的な役割を持ちつつ、剣舞+Zによる崩しの役割も担うことができることから ex)構築の4枠目まで埋まっているな状況下で具体的に苦手な相手であるギャラドスドリュウズパルシェン等が特に厳しい場合 などを除けばできる限り採用したいと思っている。

ミミッキュは使用したことがないのでわからないがこのポケモンがそもそもZ技のために生まれてきたような性能を持っていると思うので基本的(ギミックのないスタンダードな構築)にはZで採用すべきだと考えている。

意地ミミッキュの色孵化は無駄になりにくいのでオススメ・。・v

f:id:PlusliumZ:20170428013652g:plain

ノーマルタイプ

ゴーストタイプを暴れさせないためにノーマルタイプを採用する

これは相手に安易にゴーストZを撃たせないことに繋がっている

無効タイプのあるZ技は一貫することから撃つ場面を選ばない変わりに無効にされた時のディスアドバンテージが大きい

このことから構築にはできるだけ無効にできるタイプを入れた方がいいと考えられる

無効になるタイプは複数あるが、その中でもゴースト、地面、ドラゴン、電気は意識しなければならない

構築段階で意識するであろう地面と電気の一貫やフェアリータイプ持ちが意識しなくても構築に採用されやすいことから特に重視すべきはやはりゴーストの一貫ではないだろうか

と、いうことはノーマルタイプがまあまあ重要になってきてこれからそこそこ考察されるはず…だが

ラッキー
メガガルーラ
カビゴン
ポリゴン2
ハピナス
ポリゴンZ
ホルード
シルヴァディ

どうしましょう(。•́︿•̀。)